So-net無料ブログ作成
ことでん旧型たち [高松琴平電鉄] ブログトップ
前の10件 | -

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(12=最終回)えんざ [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

「青春18きっぷ」の使用期限が迫っている。でも...
結局、今シーズンも残り2回は使い切れずに期限切れを迎えそう。
学生時代と違って、やはりスケジュールの自由が...。そうなると限られた時間を
最大限に活用するための方法を考えるわけで、多少、コスト削減に繋がるとしても
普通電車で延々と時間をかけて...という選択肢は自分にとっては非合理的なもの
という判断になってきてしまっている。このときの、8月の高松も岡山空港から
特急「南風」で琴平、復路は高松空港からのヒコーキという経路だった。

z1_DPP_00006193.JPG
【2019年8月11日17時12分】 香川県高松市香南町岡・高松空港

さて、その高松空港。高松市街地の南側、小高い山の上にある。
ことでん沿線からは遙か遠くにチラッと管制塔の白い建物が見えるくらい。
琴平線の線路からは最も近いところで8 kmほど離れている。

だから公共交通機関を使った空港へのアクセスは、ことでんバスが運行する
高松空港リムジンバスに限られる...かと思いきや、意外な経路が。

最後の乗車停留所となる「空港通り一宮」バス停だとリムジンバスは「満席です」で
待たされるケースが珍しくないが、こちらはノンビリしすぎで...。
しかも航空便に接続するダイヤではないため、<変態鉄>のような物好き以外、
たぶん利用しない経路。でも、そのことが意外な結果を生み出したわけで...

続きを読む


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(11)再びの仏生山。 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

今春、初めてはみたものの...

twitter.png

ブログ更新を自動で呟くだけで、事実上、放置状態の<変態鉄>のツイッター。
でも、毎日、チェックだけはしていて。

それにしても...

これはちょっと悪い冗談かな何かか??

と、思ったのは...

y1_twitter.png

「日本のトレンド」って。

どうやらキャリア官僚がそれで捕まったという話題からこのワードが出てきたみたい。
でも、それにしても...

かのツイッター社もとうとう炎上商法を手がけるようになったのか!?

そんなことを思ってしまう今日この頃。と、久々の「不謹慎時事ネタ」でスタートの
拙ブログ。

猛暑は一段落して、季節は秋へと向かっているこの時期。拙ブログは今なお真夏の
撮影記を続けている...のは、いつものこと。

引き続き、8月11日の「ことでんレトロ」撮影記。太田駅でレトロの回送列車を
撮って、15時に仏生山駅に戻ってみると...

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(10)橋脚の下?! [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

イマドキの世の中の流れに逆らって(??)、ムダに長い記事を書きたがる<変態鉄>、
とはいえ、毎日の記事、使う写真を決めてから、それらの説明を書くつもりで記事を
書いていくのだが、書き始めたら本当にサラサラと10分くらいで一気に書き上げて
しまう日がある反面、書いては消し、消してはまた書き...延々とそれを繰り返し
ながら、遅々として進まない日もある。

今日の記事は後者。写真は早々と決まっていたのだが、とにかく本文が...

記憶が曖昧な訳では無い。当日のことは鮮明に覚えている。でも...

x1_DPP_00006015.JPG
【2019年8月11日14時05分】 高松琴平電鉄琴平線・円座-一宮(後追い)

撮影しながら、そのときまさに考えていたこと...それをそのまま書くと
ちょっとヘンな記事になってしまって。
(別に「いやらしい想像をしながら...」とか、そういうことではなくて...)

眠い目をこすりながら、何度も書き直した、8月11日「ことでんレトロ」撮影記。
午後の上り列車は順光で撮れるポジションがほぼ皆無で。

「後追いでも順光側でビシッとした編成写真を...」、そう思って降り立ったのは
いつもの円座駅だった。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(9)なぜ、どうして...?? [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

<変態鉄>は、どちらかと言うと(言わなくても)人付き合いが好きで無い方。
特に趣味活動。最近ではいろいろなグループの...その末席に加えていただくことも
あるのだが、基本的に<変態鉄>の趣味活動は専ら単独行動なのである。

あと...、人といっしょに食事するのが苦手というのも<変態鉄>の特徴。
ご飯に誘われても、思いつくだけの“理由”を駆使して断ろうとするタイプ。

とはいえ、これほどいろいろな路線に“出撃”していると、そこで顔見知りに
なって。メールなどで連絡を取り合っている人なども居るので、
“完全無欠な一匹狼”(← 何だ、そりゃ!?)ではないのだが、

だから、自分の趣味活動は99%単独行動。どう動くか、次はどこに行くか...
全部、自分で決められるのがメリットだが、その判断の中には後で思い出しても
そのときの自分が理解できない...謎な判断が時折ある。

11_DPP_00006096.JPG
【2019年8月11日12時31分】 高松琴平電鉄琴平線・琴電琴平駅

8月11日、まさに猛暑の中での「ことでんレトロ」、その下り電車の撮影地は
前日に“下見”に訪れた、羽間駅と土器川鉄橋の中間、いわゆる「もりもり裏」
と決めていたのだが...

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(8)回送列車は... [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

う~ん、土曜日は“出撃”したいと思っていた。でも...
結局、会社に行かないといけなくなって。この憂鬱。あぁ、行きたかった。

それから。

先日の<速報版>でご紹介しなかったのが、このシーン。

81_DPP_00006161.JPG
【2019年8月28日12時41分】 上越線・北堀之内駅

急遽、決めて只見線の小出側を初めて訪れたわけだが、その際に心残りだったのは
このシーンだった。本来、会津若松所属のキハが乗り入れていたはずの小出駅。
只見-会津川口間が豪雨被害で長期運休中。残された新潟県側の区間の駅には
給油設備も何もないため、キハは新津(新潟市)から信越本線・上越線経由で
はるばる回送されてくる。その車両交換は毎日、お昼に行われていて...

やむを得ず...駅撮りするしかなかった。

雨脚が強まる中、只見線の時には考えられないくらいの俊足ぶりで無人駅を通過する
キハの姿...

やはり、こう失敗すると何としても撮りたい...という気持ちが高まってきて。
リベンジの機会を窺っている<変態鉄>なのである。

富山地鉄20形電車のお別れイベントも気になるし、只見線も...

それから、もちろん「ことでんレトロ」。仕事も趣味も、ただただ追われるように
そんな毎日を送っている<変態鉄>なのである。

ということで、猛暑の中の「ことでんレトロ」、いよいよレトロ電車が動き出す。

続きを読む


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(7)仏生山駅ホームで「レトロ」鑑賞!? [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

ということで、いきなり“出撃”を決めた関係で、ちょっと中断を挟んだ、この話題。
この間、<鉄>として...、いや<変態鉄>としてショックだったのが...

01_DPP_0846.JPG
【2014年11月16日9時29分】 富山地鉄本線・中加積駅

富山地鉄“20形電車”の引退イベントの件、応募が「往復ハガキに限る」という点も
「ちてつ」らしくて良いのだが、それ以前に、その日程が...
<変態鉄>の仕事のスケジュールを調べたのではないか...と思ってしまうくらい、
ピンポイントで仕事が入っている日曜日に“ぶつける”形になって。

密かにこのブログを見ている富山地鉄関係者っ!! (← いるわけねぇだろ!!)

<変態鉄>の「ちてつ愛」は決して冷めてはいない。でも、仕事の日程が...
“第2弾”こそは、<変態鉄>の仕事のスケジュールを考慮して欲しい!! 

と、そう声を大にして言いたいのである。

ちなみに、こちらは“参戦”がほぼ決定している。

006_DPP_00004378.JPG
【2018年10月14日12時54分】 水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル

そう、早くもイベント内容の告知が始まった水島臨海鉄道「鉄道の日」イベント。
現役を引退しても大事にされていて、いまもエンジンがかかるというキハ205号車。
こちらに会いに水島臨海鉄道倉敷貨物ターミナルを訪れる予定。

お願いだから、地鉄のイベントはこの日にだけはぶつけないで欲しい...と、
そう願っている<変態鉄>なのである。

今年は「なくなる車輌を撮る」、いわゆる<葬式鉄>ばかりの<変態鉄>。
2020年度の引退が発表されている、「ことでんレトロ」を撮りに行った話題。
その続き。それにしても、思い出しただけでイヤになるほど暑い日だった。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(6)仏生山の朝 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

本当は、昨日・今日と拙ブログ記事は<速報版>で、あのキハの撮影記を
ご紹介したいと思っていた。でも...

出勤予定表には確かに「休」と書いたはずなのだが...

仕事は遅々として進んでおらず。晴れた休みの日を、ずっと会社でパソコンの
画面を睨みながら過ごす...という、<鉄>として<変態鉄>として、いちばん
辛い時間を過ごしていたのだった。

<鉄>活動ができないなら、せめて<変態>活動を...(← 何だ、そりゃ!?)
いやいや、やはり<鉄>活動がしたいのである。

というよりも期間中に“青春18きっぷ”を消化したいのだが...。
仕事が忙しかったり、体調がすぐれなかったりすると、スケジュールとか言う以前に
「行こう」という気力がなくなる...というか。いま、そんな状態。

何とか“出撃”したいのだが。

61_DPP_00006130.JPG
【2019年8月11日8時36分】 高松琴平電鉄・仏生山車両所東工場付近

ということで、8月11日の「ことでんレトロ」撮影記。

続きを読む


nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(5)複線化工事進行中 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

何事にしても、永遠に変わらないものなど、あるはずも無く。
と、アタマの中では分かっていても、新しいモノができると古いモノが消えていく
のは、世の常であって。

51_DPP_00006123.JPG
【2019年8月11日8時26分】 高松琴平電鉄・仏生山車両所東工場付近

高松市民病院が「みんなの病院」に名を変えて、仏生山駅のヨコに移転してきて。
それに合わせたかのように仏生山駅の南側には真新しい住宅ができてきて...

そんな中で、ことでん琴平線の複線化工事と新駅設置も本格的に動き出して。
10年少し前、太田-三条間の国道11号線との交差部分が高架化されたが、
その時点でも複線用の高架が設置されていた。それより昔から、一宮までの区間は
複線用地が確保されてはいたが、まさか実現するとは...というのが<変態鉄>の
正直な印象だった。一宮駅と仏生山駅の手前は、(見た目は)複線になっており。

155_DPP_00005135.JPG
【2019年3月6日11時24分】 高松琴平電鉄琴平線・仏生山-太田

その仏生山駅北側の“複線風”のところ、その使われていない線路上に
レトロ電車2両が留置されているのだが...。そう、複線化工事の“波”は間もなく
ここにも押し寄せてくることが決まっており。その「留置線がなくなること」も
レトロ廃車計画の中で理由の1つとして挙がっており。

複線化工事と引き換えに、レトロ電車が廃車になる...というのも<鉄>として
何だか複雑な心境なのである。

ということで、8月11日、いよいよ「ことでんレトロ」の朝。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(4)そして、志度線。 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

本当は今週末、“青春18きっぷ”を使い切るべく“出撃”を予定していた。
週末、東日本は広く晴れて暑くはなるものの撮影には...というところで
楽しみにしていたのだった。

にもかかわらず...

土曜は会社に行くことになって。う~ん。

42_DPP_00006104.JPG
【2019年8月10日15時58分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘-岡本(後追い)

何としても“出撃”すべく、現在、日程を調整中。
その目的地、まさかの...かも知れない。

さて、8月10日の「ことでん」の話題。レトロ電車の貸切運行に遭遇して。
でも、そんな貴重なチャンスを...

続きを読む


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(3)なぜ、動かなかった!? [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

あとで...冷静になって考えてみると「あのとき、なぜ、あんなことしたんだろう!?」
と思わずには居られない、そんな経験が<変態鉄>には少なくない。

でも、その場では、そのときは、なぜか自分自身でそれをベストな選択だと
思っているわけだから...

37_DPP_00006101.JPG
【2019年8月10日15時13分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘-岡本(後追い)

それは<撮り鉄>においても、よくあること。
「せっかくのチャンスを...」、この日の午後もまさにそんな感じ。
“消化不良感”を強くしながら、引き上げるのだが...

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - ことでん旧型たち [高松琴平電鉄] ブログトップ