So-net無料ブログ作成
鉄分の濃い旅行記録 ブログトップ
前の10件 | -

初・もうひとつの只見線へ!! でも雨。(14=最終回)会津を経て... <後編> [鉄分の濃い旅行記録]

ここ数日、ずっと書いている「撮りたい列車」というのは、今さら言うまでもない
のかも知れないが、もちろん、この電車。

そう、富山地鉄「20形電車」。“日車ロマンスカー”と呼ばれた昭和の頃、多くの
地方私鉄が自社発注した車輌たち。2ドア転換クロスシート装備、“湘南電車”の
流れを受ける2枚窓の電車。

自分が地鉄電車を撮るようになったとき、すでに現役で残っていたのは2連2本と
増結用クハ2両、数年前にクハ車が引退し。でも...

11_IMG_8275.JPG
【2018年2月11日9時31分】 富山地鉄上滝不二越線・稲荷町駅

拙ブログの富山訪問記は、必ず...といって良いくらい、この写真からスタートしていた。
そんな「10025-10026編成」、今月末をもって引退することが発表されて。
まさに<葬式鉄>の極みではあるが、拙ブログ最初期からのあの企画、

  早朝の月岡に上滝線朝の3連運行を追う

もう一度だけ、あの10025-10026編成の走行シーンを撮りに行きたくて。
でも、なかなか仕事が進んでおらず、いまギリギリのところで。

もしかしたら、撮影できないかも知れないが、それでも富山に行きたいと
思っているのである。いまのところ、ヒコーキは空席があるみたい。
あとは仕事が片付くかどうか。気が気でない...というか。

ということで、会津を訪れた、8月末の「青春18きっぷ」の旅。その最終回。

続きを読む


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初・もうひとつの只見線へ!! でも雨。(8)雨の朝の小出駅 [鉄分の濃い旅行記録]

「わたしは、コレで、会社を辞めました!!」というTVのCMがあった。

まだ昭和の頃、いまの若い<鉄>の皆さんには信じられないだろうが、駅のホームでは
オッサン達の大半が煙草を...、近郊型電車でも手摺りのところに銀色の灰皿が
付いていた。そんな時代に、禁煙グッズである...という衝撃ではない。

そんなことよりも、このCM、インパクトがあまりに強くて。
いまなら苦情殺到、即、放映打ち切りかも。

でも、動画サイトで「禁煙パイポ」で探すと一杯上がっている。15秒から30秒なので
平成生まれの若い読者の方がいらっしゃったら、ちょっとチェックしていただきたい。

 → https://youtu.be/-Fj5CcYWPMI

ちなみに<変態鉄>は学生時代も含めて、一度も煙草を吸ったことがない。
吸いたいと思ったことも無いのである。

でも、原因は「コレ」ではないのだが、ちょっと...
いまの会社に入って13年、いろいろなことがあったが、本気でちょっと...
どうしたものかと心が揺らいでいる。まさか、そんなこと上司や同僚に話す訳にも
いかないし、まぁ、ココくらいしか吐き出す場が無い...ということかも。

良い方向に転んでくれるのか、あるいは茨の道を歩むことになるのか...
ここ1ヶ月くらい、自分自身にとって大きな転換点になるのかも。

でも、だからといって<鉄>を忘れているわけでは無い。

11_DPP_00004207.JPG
【2018年8月26日10時16分】 富山地鉄・電鉄富山駅

仕事がどんなことになろうとも、今月下旬には運用離脱が決まっているこの電車を
何とかもう一度、一度だけでも撮っておきたくて...
スケジュール表を見ながらアレやコレやと。果たして、行けるのだろうか!?

無理かな~ぁ。

さて、引き続き、8月28日の只見線撮影記。<撮り鉄>はまさに「自己責任」である。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初・もうひとつの只見線へ!! でも雨。(2)越後湯沢駅 [鉄分の濃い旅行記録]

「青春18きっぷ」の“消化試合”として日曜・月曜あたりに出かけようと思って。
時刻表を見て、行き先もほぼ決めていたのだが...

そこへやって来たのが台風15号である。10日火曜日は仕事で“出撃”などできない
ので、これで万事休す。先日計算してみたら、3回分の乗車区間の運賃の合計額が
13,000円ほどになっていて。今シーズンまでは11,850円だった「青春18きっぷ」
かろうじて“モトはとった”ということで。

その「青春18きっぷ」の旅。あと1時間弱早起きしていれば、全区間を普通電車でも
間に合ったのだが、でも、ちょっとでもゆっくりしたくて。

高崎から越後湯沢まで30分弱の“新幹線ワープ”。本来なら水上で乗り換えて
越後湯沢まで県境を挟む区間は普通電車の乗り継ぎ旅ではネックになるところでも
あって。そこをあっさりとクリアしたのだった。

そして、やって来たのは越後湯沢駅。予定より1本早い新幹線に間に合った割に
上越線の普通電車には連絡しておらず。ここで長い待ち時間である。

DPP_1356.JPG
【2015年2月24日11時01分】 北陸本線(当時)・東滑川駅

<富山鉄>にとっては、なじみ深い“越後湯沢”の駅名。
でも、まさに“夢の跡”だろうか、ガランとした駅構内に時代の移ろいを感じる
<変態鉄>だった。


続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初・もうひとつの只見線へ!! でも雨。(1)朝の乗り継ぎ旅 [鉄分の濃い旅行記録]

昨秋以来、<変態鉄>がハマっているのは「只見線」。
会津若松から新潟県の小出まで135 kmの長大ローカル線である。
ただ、只見川にとって進んでいく区間は“絶景路線”としても非常に有名で、
<鉄>だけでなく多くの観光客が訪れる。

でも、冬の積雪はもちろん、自然環境が非常に厳しい路線でもあって。
2011年7月の豪雨で会津川口-只見間の区間が長期運休になっている。

010_DPP_00006203.JPG
【2019年8月27日11時18分】 只見線・小出駅

その新潟側、現在、運転されているのは只見-小出間。最後の(?)、1駅間、
大白川-只見間は県境を挟んだ人口希薄な山間部を長大トンネルで抜けるので
1駅間で20 kmほど距離があって。北海道で無くて、本州では異例中の異例の駅間距離。
でも、その県境手前の大白川駅までは小出の市街地から、線路に並行して走る
路線バスがあった...はずだが、これもしばらく前に廃止されており。

だから、いくら絶景路線と言っても<徒歩鉄>にはアクセスが事実上不可能な路線。
そう、同じ只見線でも旧会津線として開業した区間の方がアクセス面でも
撮影機会でも、“遙かにマシ”なのである。

ということで只見線の新潟側、ずっと避けてきたのだが...

やはり、<変態鉄>を急かしたのは...

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(1)ぷろろーぐ [鉄分の濃い旅行記録]

今年5月の大型連休、突如として発表された「レトロ廃車計画」。地元の<鉄>な方に
訊いても、やはり、それを受けて翌6月から突如として、来訪者数が増えたのだとか...

まさに「<葬式鉄>、ここにあり!!」。
<変態鉄>も、その中の1人に成り下がっている訳だが...
そうではあっても、大正末期から昭和初期にかけて製造された電車たちが、変わらず
讃岐の地を走っている姿...

11_DPP_00006096.JPG
【2019年8月11日12時31分】 高松琴平電鉄琴平線・琴電琴平駅

あと1年ちょっと。できるだけ機会を見つけて撮りに行きたいと思っている。

ということで2ヶ月連続になるが、急遽、決定した8月の「ことでんレトロ」参戦。
お盆休みに当たっており、高松市内のホテルはとれず、確保できたのは屋島に近い
志度線・春日川駅近くのビジホ。しかも往路の航空券は確保できず...

ぬぁんと、海の向こう、岡山空港に到着、そこから四国に渡るというプランで。
「レトロ電車特別運行」は8月11日(日)の日中、でも、気合いを入れて。
撮影地のロケハンのため、前日のうちに高松入りしておこうと。

ということで、10日の朝、<変態鉄>は出発したのである。

続きを読む


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

酷暑の只見線に“タラコ色”を追って(1)郡山の夜 [鉄分の濃い旅行記録]

昨日の記事では、<変態鉄>が“出撃”の計画を組み立てていく段階での“葛藤”
のようなものをご紹介した。結局、このプランでは3日中1日しか「青春18きっぷ」が
使えなくなってしまうわけで。

そう、だからこそ、何と言っても今週末は関東近辺への“お出かけ”を予定して。

ただし、「撮り」は少なめにして<乗り鉄>重視のプランにすることを検討中。
果たして、それまでに体調は回復しているのか...。

11_DPP_00006024.JPG
【2019年8月4日17時20分】 只見線・会津若松駅

そんなわけで、今月アタマの只見線撮影記。でも、まだ只見線は出てこない。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

酷暑の只見線に“タラコ色”を追って(0)ぷろろーぐ [鉄分の濃い旅行記録]

若い頃は、何とも思わなかったことが堪えるようなお年頃。
昨日、「ことでんレトロ」を撮っていた午後から、ちょっと体調が悪くて。
自宅に戻った後は...

夕食も冷凍食品で簡単に済ませて。今朝は猛烈なダルさと、吐き気と闘いつつ。
スッカリ暑さにやられてしまったみたい。幸い(?)、火曜からは仕事である。
テキトーにやり過ごしつつ、今週末、再び“出撃”できるように体調の回復に
つとめたいと思っている。

さて、溜まっている撮影記。

01_DPP_00006023.JPG
【2019年8月4日8時06分】 只見線・根岸駅

8月3・4日と2日間にわたって運転されたのが只見線(会津若松-会津川口)の
臨時列車「只見線夏休み号」である。普段は写真の会津若松配置の「東北色」
キハ40形で運転される只見線に、新津配置のキハ47形が乗り入れるという。

今シーズン限りでの淘汰が発表されている同車、只見線への入線もコレが最後に
なるかも知れず。<葬式鉄>と言われてしまうかも知れないが、やはり、一度は
その姿を撮っておきたくて。急遽、会津若松ゆきを決めたのだった。

でも...

続きを読む


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひたちなか海浜鉄道開業記念祭 2019(6=最終回)「キハ205」特別運行 [鉄分の濃い旅行記録]

  ♪ 花の命は結構長い~~

という生命保険会社のCMソングがあった。初期には宝塚出身の女優さんだったか。
彼女を見ると、なぜか「暴れん坊将軍」が連想されてしまう<変態鉄>だが...
それはさておき。

  たとえば、こちら → https://youtu.be/91LPhtmOw1c

何代かに渡って、長い間、使われていたCMソングだったように思うので
覚えている方もいらっしゃるのでは!?

でも、カメラを触るものの端くれ...単なる下手の横好きに過ぎないが...として
ひとこと。これはウソである。「花の命はかなり短い」のである。

日々、通勤の車窓から気になっているのは、井の頭線沿線の紫陽花。
いつの間にか「東松原駅ライトアップ」は、なくなってしまったのか!?

それでも法面の崩落対策と環境対策で、13 kmあまりの沿線の大半に植栽された
色とりどりの紫陽花は、いま見頃を迎えている。撮りに行きたいのだが...

s11_DPP_00003889.JPG
【2018年8月10日14時09分】 北陸鉄道浅野川線・蚊爪-粟ヶ崎

昨日も書いたように、仕事は忙しい時期に差し掛かり。でも、それに合わせるかの
ように面倒な用事が1件増えてしまって。もう、逃げ出したくなる...と思っている
今日この頃。今年も紫陽花シーズンには間に合わないか!?

ちなみに<変態鉄>の学生時代の井の頭線は、3000系電車の時代だった。

その初期車は、いまは加賀の国、金沢の郊外を走っている。聞けば、何だか置換えの
噂もチラホラ。初期車はあまり運用に入っていない...という説もあるのだが、
今年中に撮りに行きたいと思っているところなのである。

ということで、引き続き、「ひたちなか海浜鉄道開業記念祭 2019」の話題。
イベントのフィナーレ...だろうか、15時台に、あの「キハ205号車」が
那珂湊-勝田を1往復の“特別運行”が予定されていた。

そう、大相撲の初日をTV観戦するのを諦めてまで、<変態鉄>が茨城まで
駆けつけたのも、そのためだったのである。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひたちなか海浜鉄道開業記念祭 2019(5)「キハ222」と平磯駅 [鉄分の濃い旅行記録]

どんな仕事でも、ある意味、そうなのかも知れないのだが、外から見ていて
「忙しい時期」というところで忙しいのは現場の担当者。でも、表から見えない
部分では、その「忙しい時期」を迎える前の時期が忙しいところだって。

自分の担当もそう。「夏休みが一番、忙しいでしょう!!」と周囲から言われるが
その夏休みシーズンを迎える時には仕上がったものが納品されているはずで。
在庫管理とかそういうところで気をもむ場面はあるのだが、たぶん8月には秋以降の
ものの準備に追われているはず。

ということで、6月は忙しい<変態鉄>なのだが、公休日を調整して休みを捻出すべく
それまでに仕事を片付けようと頑張っている。今月末には、先月のリベンジ。

s15_DPP_00005583.JPG
【2019年5月29日18時08分】 只見線・会津高田-根岸
(“ギラリ”させる予定だったのに...)

朝晩にしか見られないキハ40形だけの4連運行を。何とか、その走行写真を撮りたい
と思っているのである。

それまでに溜まっている撮影記を一挙、放出っ!! (← 「はなてん」では無い)

引き続き、5月12日の「ひたちなか海浜鉄道開業記念祭」。キハ205の運行区間とは
違う、終着・阿字ヶ浦駅に、わざわざやって来たのは...

続きを読む


nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひたちなか海浜鉄道開業記念祭 2019(4)阿字ヶ浦駅にて [鉄分の濃い旅行記録]

今日の話題に入る前に。

いま、迷っているのは7月の「海の日」のところの連休。「ことでんレトロ」に
“参戦”することは決定しており、航空券も手配したのだが...

s11_DPP_00002516.JPG
【2017年12月17日11時35分】 高松琴平電鉄琴平線・滝宮-羽床

システム的には“1両完結”のレトロ電車。4両を自由に編成して運用できるのが
特徴なのだが...

この記事を書くのにあたって、再度、「ことでん」の公式サイトを見ていて
<変態鉄>は重大な過ちを犯していたことに気づいたのである。

一般に、多くの<鉄>は編成の両端にパンタグラフが来る(前パン)の方が
迫力のある写真も撮れるし、見た目のバランスも良い...ということで好む。

現在の4両の「レトロ電車」、500号車だけ高松築港方、他の3両は琴電琴平方に
パンタグラフがある。それは「ことでんレトロ」を撮る<鉄>にとっては
“いろはの「い」”である。てっきり、<変態鉄>は、7月運転分の編成は
琴平側から「500+23」だとばかりに思っていた。となれば、連結面のところに
パンタグラフが2個並ぶ“寄りパン”編成。そのバランスの悪さこそが...

と、狙っていたのだが...

だから、先日の「予告記事」(→ こちら)にも、そういう風に書いたのだが...

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 鉄分の濃い旅行記録 ブログトップ