SSブログ
前の10件 | -

2024年GWは、新見へ、堺へ(44)日の当たる場所

そうだった。すっかり忘れていた...
昨日...というか、24日の未明から早朝にかけてSSブログのシステムメンテナンスが行われていて、閲覧も記事公開も一切がストップしていたのだった。

というわけで、昨日の記事を楽しみにしていた方には、大変、申し訳ありませんでした。
ちなみに、(お読みの皆さんにはあまり関係ないけれど)メンテナンスに伴って、管理画面トップの閲覧数(PV)のカウンターが壊れた模様。「今日」の閲覧数が異様に多いと思って確認したら、昨日の分と合算した値を表示するようになったみたいで。

さぁ、引き続き、5月5日の阪堺電車撮影記。神ノ木のあの築堤上をゆく姿を撮るのは、やはり、思い通りにはならず。今後の“課題”ということに。
それでも、失敗を恐れて、いつもどおりの地点で撮っていたとしても、それで無難な写真が撮れたとしても、たぶん自分自身として納得できるものではなかったような気がする。だから、この失敗はこの失敗で1つの“収穫”だったと考えるようにしている。

441_msi00009107.JPG
【2024年5月5日11時18分】 阪堺電気軌道上町線・神ノ木-住吉

線路が南北にのびる阪堺電車、そうすると、正午が近づいてくるにしたがって、どこで撮っても中途半端な光線状態になってしまうもので。
そんなときに、短い区間で線路が曲がりくねっている上に、ビル影になるところもあるので、時間によらず“撮れるポジション”を見つけられる...という認識なのが、住吉電停から神ノ木へと向かう付近。普段、使われていない渡り線があるところから、神ノ木へと続く急勾配に差し掛かるまでの区間。

あるとき、正月の住吉大社初詣輸送を撮っていて思ったのだが、もしかしたら、この地点、冬場でも最後まで陽が当たる場所...なのかも知れない。15時過ぎでも明るく撮れるポイントがあったような...

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(43)真っ青な空をバックに

パソコンを買い替えようかどうか迷っている。でも、久しぶりにパソコンを買うとそれに伴って、どうしてもソフトウェアを買い替えないといけない部分があって。

それで久々にいろいろと調べてみると、自分がずっと愛用していたソフトが絶版になっていて、メーカーのサイトには「2023年9月で発売終了」、そして、「今後の発売の予定はありません」と。どうやら、業務用などで企業にライセンスをまとまった数を販売する形態では残っているようだが...
そして、個人でも、そのソフトの2024年バージョンを入手する手段はない訳ではなく。でも、他のソフトのおまけのような感じになっているので、ウン万円もするようになってしまって...。ソフトを変えると、操作に慣れるのに時間がかかるし、何よりファイルに互換性がないので、これまでに作ったものは...

ということで、だいぶ古くなってきた“Let's Note”は、もうしばらく使い続けようと。

さて、引き続き5月5日の阪堺電車撮影記。

431_msi00009104.JPG
【2024年5月5日11時03分】 阪堺電気軌道上町線・帝塚山四丁目-神ノ木

3日連続でモ162号車を撮ることになり、そろそろ、撮影地も「ネタ切れ」。だからこそ、苦手意識を抱いて避けてきた撮影地を、あえて巡ってみることにしたのだった。

続きを読む 

nice!(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(42)「鬼門」とも言えそうな...

路面電車の界隈にもいろいろな変化の波が...

各地で路面電車の廃止が続く中、その譲渡車で車両の世代交代を行い、一時は「動く電車の博物館」の異名をとってきた広島電鉄。その中でも1両も欠けることなく半世紀近く広島で活躍してきた元京都市電の1900形の置換えが始まるのだとか。イマドキの超低床連接車が中心となり、旧世代の電車たちは出番が少なくなってきた近年でも、広島駅前に乗り入れる系統を含めて、日中でも市内各所で見られていた。他都市から移籍してきた電車も、広電生え抜きの電車も各形式1〜2両に絞られてきている中、譲受した15両全車がここまで頑張ったというのは、それだけ優秀な車両だったという証かもしれない。

反対に、<変態鉄>が近々撮りに訪れようと計画していた熊本市交通局。相次ぐ不祥事に車両トラブル、昨年末に続いて今月末からさらに減便されるのだとか。トラブルが相次ぐのは、乗務員全員が非正規(会計年度任用職員)ということなどを含め、組織形態・風土に根深い問題がある...と感じさせられることも報じられており。開業100周年という記念すべき年にトラブル続出という何ともイヤな展開になっているのが、<鉄>として非常に気がかり。

でも、とりあえず、「撮りに行きたい」という、いち趣味者としては、5014号車の運用が今回の改正で変わるのか否かが、まず第一の心配なのである。

さて、引き続き、5月5日の阪堺電車撮影記。3日連続でモ162号車となれば、撮る場所に「ネタ切れ感」が高まってきて。

421_msi00009091.JPG
【2024年5月5日10時26分】 阪堺電気軌道阪堺線・住吉鳥居前-細井川

天王寺駅前ゆき電車の車窓を眺めながら、次に撮る場所を探して。

「ビビビっ」と何か感じるものがあって住吉鳥居前で降車ボタンを押したのだが...

続きを読む 

nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(41)堺市内区間・最終回

とうとう関東地方も梅雨入りしたのだとか。こうなると、<鉄>活動は...、雨らしい画を撮るだけの腕があればよいのだが、自分が撮ると薄暗い写真になるだけ。何より、線路沿いで傘を差して待っている時間というのが何とも長く感じられて。カメラが濡れないように注意しないといけないし、雨の中の<鉄>活動というのは何とも憂鬱なのである。

金曜は公休日、自宅でゴロゴロしながら過ごしたのだが、ちょっと気になっていることがあって。
仕事で使っている、microsoft WORD、これがちょっと調子が悪い...というか、(いつも通り)「更新」と称してMicrosoft社がヘンなことをしてしまったみたいで。人手の足りない中小企業に勤めていると、公休日というのは進んでいなかった仕事を持ち帰って、一気に片付けるチャンスでもあるのだが、Wordに、こちら側では解決できない問題が生じてしまうと何も進まなくなるのである。木曜の夕方から非常にイライラしているのである。

そんな中で、現実逃避としてブログを更新しようと...

411_msi00009084.JPG
【2024年5月5日9時53分】 阪堺電気軌道阪堺線・東湊-御陵前

引き続き、5月5日、こどもの日の阪堺電車撮影記。
朝9時、浜寺駅前へと向かっていったモ162号車、ほぼ同じ地点で折返しの天王寺駅前ゆきも撮ることにしたのだった。

続きを読む 

nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(40)長く長く真っ直ぐな線路

7月の阪堺電車の撮影会イベントにも“参戦”する方針なので、いつの間にか、拙ブログは「阪堺電車専門」みたいになってしまって...
ただ、“<鉄>ブログ界”において、阪堺電車というのは“激戦区”みたいで、自分のような平凡...というか下手くそな写真を貼っただけの記事を垂れ流しているようでは、誰にも見向きもされないものなのである。

ということなのか、どうかはさておき...

たまには世の中の流れに“便乗”してみたいと。

401_0Y6C1015.JPG
【2013年4月9日18時57分】 山陽新幹線・新倉敷駅

2013年4月。朝、球場前駅近くの踏切で水島臨海鉄道キハ20形を撮っていたら、ご一緒した方が教えてくれて。
「新倉敷の駅なら撮りやすいかも」とまで...あの踏切で10分ほどご一緒しただけだったのに、非常に親切で。夕方、聞いた通りの時刻に新倉敷駅に行ってみたのだった。

俗に言う「こだま検測」の日だった。新倉敷駅でも「こだま」号のように数分間の停車時間がとられており。家族連れの皆さんがそのホームに集まって記念撮影している傍ら、向かい側、誰も居ない上りホームでカメラを構えていた<変態鉄>。

それでも、「ドクターイエロー」をちゃんと撮ったのは、唯一、このときだけ。見たことすら1〜2度しか無いような気がする。2027年度までに置換えが完了するとのこと。いっそ、検測機能の付いたN700Sを「ドクターイエロー色」で走らせれば、人気が集まりそうな気がするのだが、他社と違ってJR東海は、車体塗装に付いては堅実路線というか、(皆無ではないが)特別塗装みたいなことを、あまりやりたがらない会社...というイメージ。
特に新幹線については、引退直前などに装飾を行うことはあるものの、1964年(昭和39年)の開業以来、白地に青の塗装を守り続けているわけで。

さて、こちらは数年サイクルでほぼ全部の電車の塗装が変わっていく、そんな阪堺電車の撮影記を引き続き。

続きを読む 

nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(39)御陵前

7月の...炎天下の撮影会というのも、なかなか辛いものがあるが、7月に阪堺電車の撮影会が催されることが分かったので早速申し込みをしたのだった。
ちょうど、仕事の公休日の撮影会に空きがあった。今回はお値段がかなり強気の設定だが、我孫子道の車庫でモ161形車を撮ってから、海道畑に移動しての撮影...ということで、“ひと粒で2度美味しい”ではないが二部構成の撮影会のようで。ちなみに、昼食付きというのも嬉しいところ。

すでにヒコーキのチケットも確保してある。

その撮影会の案内の中で気になったのは「筑豊色のモ162号車の撮影は、コレが最後」ということが、サラッと書かれていた点。
去年まで4両で頑張ってきたモ161形車も、昨年、モ166号車、今年3月でモ164号車が運用を離脱しており。筑豊色の次の展開は...

再び「雲塗装」でもやってくれたら、狂喜乱舞するところ。あるいは、ゲテモノ狙い(?)で、古豪の質屋さんカラーとか...
でも、そんな期待をしつつも、もしかしたら休車扱いになってしまうのではないか...と一抹の不安が拭えないのである。ういえば、事故を起こして長期留置の上、廃車となったモ351形車も広告塗装を剥がされ、「雲塗装」に塗り直して留置されている。来シーズンもモ162号車が元気に走る姿を見たいと思っているのだが、果たして...

そういう意味では、5月の大型連休に3日間、ずっと青空の下で「筑豊色」のモ162号車を撮ることができたというのは結果的に幸運だったのかもしれない。ただ、3日連続、同じ時刻に同じ電車を撮る...とあっては、どうやって変化をつけるべきか、「ネタ切れ」との闘いだったのである。

391_msi00009069.JPG
【2024年5月5日9時28分】 阪堺電気軌道阪堺線・御陵前-東湊

だからこそ、初日に“断念”した御陵前から撮影開始である。

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(38)赤か緑か!?

早いもので...前回の都知事選があのコロナ禍の最中だったような気がするのだが。7月に控えた選挙の話題が少しずつ増えてきているようで。
それにしても「当選しないことを前提に、売名のために出馬する」というのが、これだけ定着したのはインターネット、とりわけ、SNSの“負の側面”なのかもしれない。わざわざ日本に来て新幹線の不正乗車やホテルでの無銭飲食の動画をアップして話題になった人も欧州議会選挙に当選したとのことで...
もしかしたら、いまの時代というのは、日本だけではなく世界中で、長らく続いてきた「議会制民主主義」の体制が転換点を迎えている...という大きな岐路に来ているのかもしれない、などと思う<変態鉄>なのである。

それにしても、本当にカイロ大学を首席で卒業できたくらいの高い知性を持った人に都知事になってほしいと思っている次第。あくまで「本人曰く」ではなく「本当に卒業できた」である。まぁ、こう書いておけば、特定候補に肩入れしたことにはならない筈。

さて、そちらの“緑”には何も期待しないが、5月5日、自分にとって堺のホテルで迎えた最後の朝、ここまで2日連続で赤い「筑豊色」のモ162号車を撮ったのだから、最後の1日は緑色のモ161号車を撮りたい...と期待して。

015_msi00008797.JPG
【2024年5月5日7時50分】 大阪府堺市堺区市之町東付近

南海本線堺駅近くのビジホに泊まっていた<変態鉄>。阪堺電車の走っている大道筋まではちょっと距離があって。もちろん、歩いてもそんなに大変な距離ではないのだが、毎日、毎晩、お世話になったのが「堺シャトルバス」。全車、このキンキラのラッピング車両で、堺駅 〜 大小路 〜 堺東駅を10分ほどで結んでいる。大阪のバスには珍しく「前乗り中降り」式、運賃220円均一だが、「堺おもてなしチケット」で阪堺電車とともにこのバスも乗れるのである。

ということで、堺駅を7時半の「堺シャトルバス」で大小路に向かって...

続きを読む 

nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(37)箕面萱野駅 <後編>

<変態鉄>、いま、趣味活動に使っているパソコンは、Chromebookなのである。いや、中高生以外に使うのか...という感じのマイナー中のマイナーでパソコンだが、安価で、使いやすく、スマホ用のアプリが使えるのでパソコン上で阪堺モ161形車の動向がつかめる...などの謎な特徴があって。
何と言っても動きがサクサク速いというのが魅力だったのだが、最近、ちょっと謎な動きをするところがあって。細かい部分でカスタマイズができないというのが、Chromebookの特徴だろうか。時折、ChromeOSの自動更新が行われて、そのときに中身がちょっとずつ変わっており。

まぁ、それとは別なのだが、先程、ヘンなタイミングで再起動させてしまったら、書きかけていたブログ本文が忽然と姿を消してしまったのである。
「.txt」形式のファイルなのでバックアップなどがあるものもなく。

ということで、アップロードの準備が整ったところから、再び“振り出し”に戻って記事を書き直している。
思いついたことをテキトーに垂れ流すだけのブログなので、一度、消えてしまうと同じ文章というのは絶対に書けないもので。う〜ん、テンションも下がるし。

ということで、引き続き、5月4日の午後、北大阪急行電鉄・箕面萱野駅での撮影記の続き。

371_msi00009047.JPG
【2024年5月4日15時44分】 北大阪急行電鉄南北線・箕面萱野駅

ホーム端からはトンネルを抜けて高架に上がってくる10両編成の電車たちをカメラに収めることができて。
“初代”には会えなかったが、2代目の「ポールスター」を撮ることができて。

続きを読む 
nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(36)箕面萱野駅 <中編>

日曜は雨の予報が出ていたので、油断して10時過ぎに起きたら、スッキリした晴れ間が広がっていて。ただ、<変態鉄>、いま体調面が万全ではなくて、早起きしていたとしても“出撃”できるかどうかはビミョーなところだった。

そんなわけで自宅でゴロゴロ。そういえば、今年はまだ自宅の冷房を付けていない。あと何日耐えられるか、まもなく、猛暑がやって来る気配。そういえば、今年は梅雨らしい梅雨がやってこないようで。車窓から見える井の頭線沿線の紫陽花も干からび始めている。
小湊キハをはじめ、気になっている路線は多いのだが、なかなか撮りに行ける機会が無いのである。来週こそ...と、毎週のように思っている次第。

さて、夏本番が近づいてきていても、引き続き、拙ブログは5月の大型連休の撮影記。

361_msi00009044.JPG
【2024年5月4日15時37分】 北大阪急行電鉄南北線・箕面萱野駅

千里ニュータウンの宅地開発と前の大阪万博の輸送のために開業した北大阪急行電鉄が、2度目の大阪万博を目前にして延伸された。
新しい終着駅・箕面萱野駅を訪れたのは、5月4日の午後のこと。

とりあえず、改札口を出て、Q'sモールの周辺をウロウロしてから...

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(35)箕面萱野駅 <前編>

街と街の位置関係を考えるのにあたって、無意識のうちに鉄道地図を思い描いている...というのは、ある意味、<鉄>の“性”かもしれない。
大阪の北側に「箕面」という街がある...というのは知っていたが、大阪中心部からは阪急電車で...と、結構、遠くにあるイメージだった。

351_msi00009037.JPG
【2024年5月4日15時30分】 北大阪急行電鉄南北線・箕面萱野駅

大阪を訪れるときは、天王寺か新大阪周辺のビジホを予約している事が多い<変態鉄>、そうすると、自然と地下鉄御堂筋線を利用する機会は多くなる。
その御堂筋線は新大阪の北、江坂駅から北大阪急行電鉄に乗り入れており、長らく「センチュ〜」、千里中央まで続いていた。「千里中央ゆき」というのは、御堂筋線では当たり前の存在だったのである。
それが、今春、そこから北へ2駅延伸され「箕面萱野」駅まで開業し。千里中央からトンネルを1つ潜ったら箕面というのが、なかなか信じられなかった<変態鉄>だったのである。

というわけで、新しくできた駅へと向かってみることにした。

続きを読む 

nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -