So-net無料ブログ作成

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(5)複線化工事進行中 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

何事にしても、永遠に変わらないものなど、あるはずも無く。
と、アタマの中では分かっていても、新しいモノができると古いモノが消えていく
のは、世の常であって。

51_DPP_00006123.JPG
【2019年8月11日8時26分】 高松琴平電鉄・仏生山車両所東工場付近

高松市民病院が「みんなの病院」に名を変えて、仏生山駅のヨコに移転してきて。
それに合わせたかのように仏生山駅の南側には真新しい住宅ができてきて...

そんな中で、ことでん琴平線の複線化工事と新駅設置も本格的に動き出して。
10年少し前、太田-三条間の国道11号線との交差部分が高架化されたが、
その時点でも複線用の高架が設置されていた。それより昔から、一宮までの区間は
複線用地が確保されてはいたが、まさか実現するとは...というのが<変態鉄>の
正直な印象だった。一宮駅と仏生山駅の手前は、(見た目は)複線になっており。

155_DPP_00005135.JPG
【2019年3月6日11時24分】 高松琴平電鉄琴平線・仏生山-太田

その仏生山駅北側の“複線風”のところ、その使われていない線路上に
レトロ電車2両が留置されているのだが...。そう、複線化工事の“波”は間もなく
ここにも押し寄せてくることが決まっており。その「留置線がなくなること」も
レトロ廃車計画の中で理由の1つとして挙がっており。

複線化工事と引き換えに、レトロ電車が廃車になる...というのも<鉄>として
何だか複雑な心境なのである。

ということで、8月11日、いよいよ「ことでんレトロ」の朝。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー