So-net無料ブログ作成

夏の来た北東北へ(4)久慈駅にて [鉄分の濃い旅行記録]

今日の話題に入る前に。
台風が近づいている。経路にあたる地域の皆さま、どうぞお気をつけ下さい。

それにしても「猛烈な雨と風が...」と繰り返す天気予報。TVニュースは、
野々村県議にかけられた嫌疑よりも、安倍ちゃんのオセアニア歴訪よりも
やはり、いまは台風一色!! 関東の雨・風のピークは金曜とのこと。

丸善石油「モーレツ100ダッシュ」


「不謹慎だぁ!!」というお叱りはご容赦を。
“猛烈”と聞けば、このTV CMを思い出さずには居られないのが<変態鉄>。

小川ローザの、きわどくも爽やかな映像...、う~ん、昭和史に残る名作だと思う。

01_DPP_0154.JPG
【2014年6月24日8時56分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

さて、しばしの中断を挟んでしまったこの話題。
いよいよ、この旅のメインでもある「三陸鉄道北リアス線」なのだが...

「ローカル線のキハでのんびり」を期待していたのだが...
……  ……

2014年6月24日(火)晴れ時々曇り

9時に久慈駅に着いたときには、青空がひろがっていた。

JR線の久慈駅とは同じ構内ながら(震災前までは直通列車もあった)、駅舎も改札も別。
八戸線のキハで到着し、ホームの先端の構内通路付近が、三陸鉄道の車庫ウォッチングの
ベストポジションか。形式は「36形」ばかりだが、多種多様な車両がいる三陸鉄道。

阪急交通社のヘッドマークをつけた茶色いレトロ車単行がホームに、その他の車両は
車庫の方に居たわけだが...

今度の宮古ゆきは10:30発。1時間半近く時間があったので、駅前を散歩。

DPP_0155.JPG
【2014年6月24日8時58分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅付近

震災と津波の影響で、長期にわたって不通区間があった北リアス線、
震災直後、比較的被害が軽かった区間から運転を再開、一時は運賃を無料にして
被災地を走った姿は、震災復興のシンボル的な形で、TVでも多く取り上げられたのは
記憶に新しいところ。
最後まで不通になっていた区間も4月6日に運転を再開した。

そんなこともあってか、駅前広場にはシニア層を中心にかなりの観光客。
でも、駅前も含めて町の雰囲気は...、典型的な地方都市といった感じか、
お世辞にも、あまり景気の良さそうな雰囲気ではなかった。

DPP_0156.JPG
【2014年6月24日9時00分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅付近

「駅前デパート」、こちらは最近、「まっすぐ、真剣」な某公共放送の、
朝の連続テレビ小説に、登場したとか、しなかったとか...。
ちょっとした観光名所のような感じになっていた。

DPP_0157.JPG
【2014年6月24日9時31分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅付近

久慈市長が久慈さんだったのは、以前の記事でも触れたような気がするが...
さて、この北リアス線、地元にとっても悲願の路線だったのだ。
宮古-久慈間を結ぶ路線、国鉄時代に建設が決定しており、宮古線・久慈線として
一部区間は開業していた。しかし、国鉄再建法で普代-田老間の建設は凍結。
この区間の開業と同時に、既に開業していた宮古線・久慈線の区間も
国鉄から引き継ぐ形でできたのが三陸鉄道北リアス線、1984年(昭和59年)4月に
国鉄赤字線転換の第3セクターの一番手としての誕生だった。

地元にとっては念願悲願の全線開通、小旗を振って初列車を迎える写真は、
いろいろなところで紹介されている。

DPP_0158.JPG
【2014年6月24日9時31分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅付近

駅前にあった幟。黒で書かれた区間が北リアス線、南リアス線の最後の復旧区間。

IMG_1622.JPG
【2014年6月24日9時06分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

さて、小ぶりな駅舎内へ。

IMG_1626.JPG
【2014年6月24日9時26分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

向かって左側が出札窓口、ここで乗車券と硬券入場券を買い求めた。
右手には駅ソバ。ウニの駅弁はすでに売り切れている旨の紙が出ていた。
発車1時間前ながら、すでに駅舎内には多くの人。

後ろの窓に映り込んでいる朱色は八戸線のキハのタラコ色。
「開業30周年」のボードの後ろに居るのは能年さん?、「あまちゃん」の。
ご存知の通り、同番組中では「北リアス鉄道リアス線」の名称で登場している。

IMG_1627.JPG
【2014年6月24日9時34分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

という訳で、所ジョージ、あっ、間違えた。所狭しといろいろなものが展示されて
いるのだが、自分には全く分からない。テキトーに撮ってみただけ。

IMG_1629.JPG
【2014年6月24日9時35分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

という訳で、もう1枚。夜遅い仕事の自分、「あまちゃん」の時間はベッドの中。
話題になっているのは知っていたが、見たことはなかったのだ。

DPP_0159.JPG
【2014年6月24日9時43分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

発車まではまだまだ時間があったが、少し早めにホームへ。
手作り感溢れる飾り付けが何とも言えない。JR線の線路とホームを跨線橋で越えて
片面ホームの三陸鉄道乗り場。

DPP_0160.JPG
【2014年6月24日9時45分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

柵がある側には36-100形だろうか、すでに方向幕が抜かれ、使われていない感じの
ディーゼル動車が留置されていた。車内を覗くとリクライニングシート装備??

DPP_0161.JPG
【2014年6月24日10時16分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

10時を回る頃になると、シニア層の団体客を中心にホームは溢れんばかりの人だかり。

まもなく入線時刻。今日は3両編成での運転とのこと。
ホーム先端では駅員さんが大漁旗を持って入線してくる列車を出迎え。

DPP_0163.JPG
【2014年6月24日10時16分】 三陸鉄道北リアス線・久慈駅

自分が待っていた所にはレトロ車が停車。新車36-700形2両を後ろに繋いだ3両編成。
ドアが開くと同時に、そのオバサンたちが血相を変えて猛然と車内の座席に向かって
猛ダッシュしていったのであった。座れることは期待していなかった自分、
連結面側の車掌台に荷物を置いて、ゆっくりとホームで写真撮影。

さぁ、まもなく発車時刻。3両編成の車内はすでに超満員だった。(つづく)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

[お知らせ]

(1)
当ブログのコメント欄、画像認証は「263523」です。
ご面倒をおかけしますが、セキュリティの問題ということで、ご了承下さい。

(2)
当ブログでは、ただいま「過去記事に nice!+コメント 歓迎キャンペーン」を実施しています。
ぜひ、古い記事も、お読みいただいた際には、記事のご感想などを寄せていただけると
幸いです。コメント欄にお願いいたします。

nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 6

johncomeback

このTVCMはあるまーきが生まれる前では?

三鉄は震災の4日前に完乗しました。
by johncomeback (2014-07-10 06:03) 

あるまーき

johncomebackさん

コメントありがとうございます。
仰る通り、自分が生まれるより数年早く放映されています。
でも、動画サイトで見つけて...、いまのCMにはない名作だと思います。
いまだと、いろいろな所からクレームが来て、放送中止 → 謝罪会見の流れになる気がします。

自分も、三陸鉄道は以前から乗りに行きたいとは思っていたのですが...
なかなかスケジュールが合わないうちに、あの震災でした。

by あるまーき (2014-07-10 09:06) 

サットン

ドラマでは観光協会だった昭和なビル、私も見に行きたい!
そういえば「じぇ、じぇ」って、すっかり耳にしなくなりました。
ブームの怖さを感じます。
丸善石油も業界再編で何処へ行ったのやら・・・・。
by サットン (2014-07-10 10:55) 

あるまーき

サットンさん

コメントありがとうございます。
三陸鉄道は復旧したとはいえ、人口流出や高台移転、接続のJR線が不通のことなど、厳しい現状にあることは間違いなさそうです。
テレビで取り上げられた事によるブームが一過性で終わらないで欲しいところですが...。

朝の連続テレビ小説、いまやっている「花子とアン」も結構、話題になっているようですね。

丸善ガソリン...、会社名はなくなってもCMは名作として語り継がれて欲しいところです。
by あるまーき (2014-07-10 12:01) 

Cedar

猛烈ダッシュ!が価値あることだった時代ならではの名作ですね。
小川ローザさん、家人の実家近くのお風呂やさんの娘さんだそうです〜って関係無いですね。
by Cedar (2014-07-10 17:42) 

あるまーき

Cedarさん

コメントありがとうございます。
いまの時代、「猛烈ダッシュ」を強いられている部分は、少なからず、あるのかも知れませんが...、その先にあるものは???

小川ローザさんも、そろそろ還暦くらいでしょうか。



by あるまーき (2014-07-11 00:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0