SSブログ

2024年GWは、新見へ、堺へ(34)大阪市電3012号車

そういえば、14日で伯備線381系「やくも」号の運行が終了する...と。
<変態鉄>としては、3回、撮影に訪れて、国鉄色編成については思ったように撮れたが、とうとう「緑やくも」編成は撮れずじまいだった。
何でも、一部編成は臨時列車などで活躍を続ける...という話もあったような気がするが、果たして??

EF64形貨物も含めて撮影に行きたいと思っているのだが...。

そのJR西日本で言えば“福知山色”の復刻編成が走り出したとか。他にも、とうとう(?)、あの京阪電車もツートンカラーの復刻塗装を。
コロナ禍以降の鉄道事業収入の落ち込みが影響しているのか何なのか。もう一度、山陽電車の紺色と黄色のツートンカラーが撮りたいと思う<変態鉄>。
阪神電車とツルんで「赤胴車と山陽カラー」みたいなイベントでも行ってくれないものか???

さて、引き続き、5月4日の大阪での撮影記。

341_msi00009022.JPG
【2024年5月4日13時29分】 大阪府大阪市住之江区北加賀屋付近

かつては、大阪市街中心部を大阪市電が走っていたという。茶色いツートンカラーの電車である。
もちろん、<変態鉄>が生まれる頃には地下鉄にバトンタッチして姿を消しており、自分にとっては本の中の写真で見ただけなのだが。

一部の電車は他都市の路面電車に譲渡され。特に、広島電鉄に移籍したグループは、大阪市電の頃の塗装(近似色???)を残して活躍しており。
ただ、広島に行ったグループも多くが過去帳入り。通常運用で残っているのは僅か2形式2両になっていたかと。

そんな中、3年ほど前に、阪堺線からも近い北加賀屋の住宅街に大阪市電の保存車が“発見”されたとの情報があって。
5月4日の午後、その様子を確認すべく、四つ橋線の北加賀屋駅にやって来た<変態鉄>だったのである。

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(33)地下に潜って...

今年の大型連休のモ161形車臨時運行、12時に我孫子道に到着して入庫してしまう運用になっていたので、“短期決戦”だった。まぁ、結果的には連日、午後から貸切運用が入っていて、午後もモ161形車は稼働していたようなのだが、<変態鉄>はそれを待つことなく、午後は別の被写体を考えていたのだった。

その1つ。ちょっと気になっていたものがあって、天王寺駅前に向かったのである。

331_msi00009018.JPG
【2024年5月4日13時05分】 大阪メトロ御堂筋線・天王寺駅

「エンジョイエコカード」、大阪メトロの1日フリーきっぷは土休日には、初乗り区間でも3回乗ればモトがとれるようなお得な価格設定になっており。
それを使って...

尤も、第一の目的地は恵美須町ゆきの電車を降りて歩いたほうが早かったような気もするのだが、アレコレ歩き回るより、久々に大阪の地下鉄に乗って...

続きを読む 

nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(32)この日、最後は帝塚山3丁目

ココ最近、<鉄>の世界では衝撃的なニュースが続いており。鳥塚さんが大井川鉄道の社長に招聘(?)されたのも意外だったが、<変態鉄>にとって(分かっては居たが)ショックだったのは、ひたちなか海浜鉄道のキハ205号車の引退。

045_msi00001495.JPG
【2021年6月17日14時07分】 ひたちなか海浜鉄道湊線・那珂湊駅

今秋以降、新造車が投入されるとかされないとか。
むしろ、小湊鐵道が異例中の異例なのであって、いまも、DMH17系エンジンを維持しているということが奇跡と言えることなのである。
小湊鐵道、水島臨海鉄道、どちらにも、「キハ205号車」が居て。そして、那珂湊駅の見えやすい場所で、いつも佇んでいたのが、ひたちなか海浜鉄道の「キハ205号車」だった。

現役引退は時の流れで、仕方ないこと。むしろ、この置換えに続いて海浜公園方面の延伸の実現が見えてきているわけで。ひたちなか海浜鉄道にとっては、旧型キハの引退...というのは、前向きな1歩でもあるということは<変態鉄>でも重々承知の上。

何とか、どこかで良い形で保存されてほしいと願っている。

そして、そんなキハより、さらに30年近く“先輩”にあたるのが、阪堺電車のモ161形車。
5月の大型連休、自分にとって2日目となった5月4日の撮影は、この上なく絶好調、最後、「赤・あびこ道」表示の姿も、何とかいい感じで...

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(31)北畠で“リベンジ”

火曜日は実家の用事で何かと忙しかった。急遽、決まったものだった。まぁ、簡単な工事の立会だけなので大したことではないのだが...。
東京も今週中には梅雨入りすると言われており、だんだん鬱陶しい季節が近づいてきた。梅雨があけると、まさに“酷暑”、写真を撮ろうにも暑さと空気中の湿気の多さで思いの外、苦戦を強いられるし、何だかモヤッとした感じの画になりがちなのである。
さらに、ゲリラ豪雨などというものも心配しないとならず。趣味活動も難しくなってくる。何とか、その前に...と思いつつ。

さて、ブログは引き続き、5月4日の阪堺電車撮影記。シャツ1枚でもじゅうぶんな陽気でありながら、カラッとした青空。このときは、最高の撮影日和だった。

311_msi00008998.JPG
【2024年5月4日11時06分】 阪堺電気軌道上町線・神ノ木-住吉

今日のトップ画像は、昨日から紹介している神ノ木から住吉へ向かって下っていく途中にある小さな踏切からの後追いショット。
でも、普段と違った画像になっている...と、お気づきいただけるだろうか。

アスペクト比を「9:16」の設定で現像している。普段は、「2:3」なので、かなり縦長の画像である。
撮った写真、林立する架線柱の間に、モ162号車がちょうどひっかかるような感じになっていた。だから、左右の架線柱をカットすべく、縦横比を変えてみたのだった。

後追いなので、ヘッドライトは灯っていないが、それでも順光での撮影。朱色にクリーム色のアクセントが入るのは西鉄北九州市内線のカラー。

この日は、朝から絶好調な撮影だった。

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(30)ネコ様だけが線路を自由に...

まったくの不覚!?

そういえば、日付変わって昨日、6月10日は、6→「ろ」と10→「てん」で「路面電車の日」だった。毎年、阪堺電車もこの時期、我孫子道の車庫でイベントを開催している。尤も、<変態鉄>は土曜日は出撃できないので、行くことは叶わないのだが。
他にも都交通局も荒川車庫でイベントを行うことが多かったのだが...。

せっかく阪堺電車の撮影記を書いているのだから、それに合わせて何か書けばよかったのだが、まぁ、何も考えていないわけで。

301_msi00008993.JPG
【2024年5月4日10時49分】 阪堺電気軌道上町線・神ノ木-住吉

さて、綾ノ町と石津川で、モ162号車の姿を思ったとおりに撮ることができて、幸先の良いスタートとなったこの日。
後は上町線で撮ることになるわけだが、大阪市内の区間では、もともと撮る機会が多かったわけで、やはり、少しでも変化を付けた撮影地を選びたく...
最初に狙ったのが、神ノ木 〜 住吉の間の急カーブと急勾配が続く区間。

天王寺駅前に向かったモ162号車が折返してくるまでの間に...

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(29)快晴の石津川鉄橋

引き続き、大型連休の阪堺電車撮影記だが...

今日の話題に入る前に。
本当は、今日の記事は<速報版>にしようと、そう思っていた。そう、小湊キハの「観光急行」を撮りに行きたいと思っていた。
スカッと晴れた日よりも、むしろ、曇り空の方が順光・逆光を気にすることなく車体全景を撮ることができる。頻繁に訪れる路線なので、「曇りの日限定」のような撮影地も、たくさん見つけてしまうのである。

そういうところだけを回ってみようかと。雨降りは辛いが、頻繁に訪れる路線ならドン曇りもまた楽しいのである。

でも...

朝起きるのが辛かった。「天北」のマークが付いている今月中に訪れたいと思っている次第。

さて、そのかわり...???

291_msi00009054.JPG
【2024年6月9日11時23分】 京王井の頭線・三鷹台-久我山

実家に向かうのに乗った井の頭線電車が1704F、いま、「あじさい」マークが掲出されている編成で。
すぐ近くの踏切で撮った次第。100ー400というズームレンズ、自分はちょっと苦手としており。その“苦手克服”のための試し撮りとして...でもあったのだが、手持ちでは、やはり、悪戦苦闘したのだった。

その「あじさい」マークだが...

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(28)最高のコンディションで

X(旧ツイッター)で、その傾向が顕著だと思うのだが...
たぶん、呟いた本人としては「面白いこと言えた!!」と満足感が高いのだろうが、見る側としたら「はっ!? だから、何?? 面白くも何ともないけど...」と。そういう投稿が目立つ気がする。
でも、だからといって、そのアカウントを見ないようにすれば、時折、その方から発信される有用な情報を見逃すことにもなりかねず。

だから、X(旧ツイッター)を開いても、タイムラインには「あぁ、そうですか...」と言いたくなるような呟きが並んでしまって。

ブログもXも、たぶん、発信する本人が「面白いことを言おう!!」と思って投稿したことは、大抵は、他の人には受けない...というのが、自分の経験から分かってきたこと。13年前、ブログを始めた当初は「何とか面白い話を書いて読者を増やしたい!!」と、そんなことに燃えていた気がするが、いまは、毎日、何も考えずに、自分の書きたいことをダラダラと書き連ねることを続けている。

ある意味、それが、高校生のときに習った「徒然草」の冒頭で兼好法師が言っていたことなのかも知れない...と、そんなどうしようもないことを考えながら、今日もブログの冒頭部分を埋めるのである。

さて、引き続き、5月の大型連休の阪堺電車撮影記。

281_msi00008981.JPG
【2024年5月4日9時13分】 阪堺電気軌道阪堺線・綾ノ町電停付近

せっかくの機会なので、堺市内区間で撮りたいのだが、今回の運行スケジュールでは朝9時台に1往復するだけになっており。
前日、3日は何も考えずに御陵前に行ってから、逆光であることに気付かされて右往左往。結局、ホームからありきたりのスナップを撮っただけ。

それなら、逆に大道筋の併用軌道区間、最北端にあたる綾ノ町に来れば順光で撮れるのではないか...と。

続きを読む 

nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(27)堺、2日目の朝

歳のせいか、最近、時間が経つのが加速度的に速まっているような気がする。あっという間に1週間が過ぎており。
先週の金曜は雨の中、伯備線「やくも」号を撮っていた。「緑やくも」号の走行シーンを、ちゃんと撮ることができなかったのが悔やまれるが、こちらはとうとう最後の1週間となるのだろうか、多くの<鉄>が集まっているのだろうか。

そんな金曜日は実家に戻って。ゴロゴロして過ごしていると、ぬぁんと、井の頭線が人身事故で止まっていたようで。
深夜に上り1本だけ、吉祥寺〜明大前(下りは富士見ヶ丘まで回送)というのがあるが、それが金曜に限っては日中に何本も走ったのだそうで。
とはいうものの、日中、「あじさい」のヘッドマーク付き編成は2本とも、その富士見ヶ丘の車庫で寝ていたので、<変態鉄>は、昨日もカメラを触ることもなく。

まもなく1年の折り返し点。趣味活動でも、なかなか思ったような成果が乏しいのではないか...と思う、今日このごろなのである。

271_msi00008971.JPG
【2024年5月4日8時22分】 阪堺電気軌道上町線・神ノ木-住吉

暑さが迫ってきているものの、拙ブログは引き続き、5月の大型連休の阪堺電車撮影記。
3日、4日、5日と連休後半の3日間、阪堺電車を撮ったのだが、2両のモ161形車、この3日間はいずれも「筑豊色」のモ162号車だったのである。

でも、まず、どちらが動くのか、それを確認するために我孫子道へ向かうところから。

続きを読む 

nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(26)南海高師浜線

沿線の紫陽花も見頃を迎えて、井の頭線沿線も...年間でこの時期だけ...だが、カメラを持った<鉄>が集まっているようで。
でも、線路近くにまとまって咲いているところというのは、意外と見つけにくく。自分が撮るのは、だいたい、いつも高井戸〜浜田山間のストレートになってしまう。むしろ、気になっているのは「あじさい」のマーク付き電車だが、確率論では隔日で日中運用に入っているはずだが、線路端で自分がカメラを構えたときに限って、朝運用だけで夕方まで入庫だったり、1日中、ずっと富士見ヶ丘の車庫に居たり...と。

ちょっと気になってはいるが、なかなか撮りに向かおうという気持ちにならないのは、やはり、地元の路線だから。
「いつでも撮れる」は、いつまでも撮りに行かない...となってしまうのは、自分の悪い癖。

尤も、だからこそ、関西の写真が多いのかも知れないが。

261_msi00008947.JPG
【2024年5月3日13時45分】 南海電鉄高師浜線・高師浜駅

モ161形車の運行が午前だけになった今年の大型連休、午後は大阪の気になる<鉄>なスポットを巡るのに時間を費やすことにした。
その第一弾として、この日、訪れたのが南海高師浜線だった。

続きを読む 

nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2024年GWは、新見へ、堺へ(25)公園から更に南へ...

いまや、阪堺電車でも昭和初期の頃からの歴史を今に伝える電車...というのは、モ161形車だけになっており。そのモ161形車だって、モ161、モ162号車、1928年(昭和3年)製の2両だけの稼働となっていて。確実に時代は移り変わっていくのである。

<変態鉄>が初めて阪堺電車を訪れたのは中学2年生の頃、その後、ちゃんと(?)、カメラを持って高校生のときに再訪している。1993年夏のことである。


その頃は、モ161形車、夏場も主力車として日中運用で見かけることもあったし、他の電車と同様に1両1両異なる派手な広告塗装を纏っていた。
そして、同時にもうちょっと垢抜けないというか、武骨というか...

251_msi00008940.JPG
【2024年5月3日13時30分】 大阪府高石市羽衣公園丁・浜寺公園交通遊園

よく似ていた見た目で、ちょっと違う電車も混ざっており。
それが、モ121形。車体裾の台車部の切れ込みが深く、あと、心持ち、窓が小さいような気がしたのも、そんな武骨な印象を与えてくれたのかも知れない。大阪市電からの譲渡された電車...と知ったのは、もうちょっと後になってから。

いつしか、見ることもなくなっており。そのモ121形車の1両、モ130号車が浜寺公園交通遊園に保存されており。

続きを読む 
nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー