SSブログ

師走の関西へ(1)NH985便

何だか、いつの間にか「房総のキハ専門ブログ」と化していた拙ブログ。久々に関西の話題である。
2022年最後の “出撃” となったのは、14日から2泊3日の大阪だった。阪堺電車を見ながら...、キハのスケジュールに合わせて北条鉄道を訪問するという毎度のパターン。3月以来、繰り返してきたものである。

ちなみに、2023年2月現在、北条鉄道キハ40 535号車は検査入場中とのことで。また、サクラの時期になったら定期運用に復帰するのだろうか。
今年は、それを避けて訪れたいと思っているのだが...

さて、<変態鉄>が大阪に向かったのは、12月14日の早朝。

<変態鉄>がよく乗る、ANAの羽田ー岡山便は650番台の便名、そして、富山は310番台。だいたい、3桁の便名であることが多いのだが、唯一、大阪(伊丹)ゆきは若い番号なのである。羽田 7:00発の便がNH013便、これによく乗るのだが...

この日はなぜか、NH985便を選択した。朝一番、6:20発の便だけは、なぜか、ずっと前から「985便」という異例の大きな数字になっている。別に、不定期便とかではなくて。毎日運航の便なのに、最初の1便だけ妙に大きな番号なのである。
でも、<変態鉄>にとって、この「985便」に乗るのはなかなか難しく。井の頭線の初発に乗っても羽田は搭乗締切時刻ギリギリの到着になる。それを回避できるのは、吉祥寺からのリムジンバス。5時前から10分〜20分刻みで頻繁に発車するのである。

011_msi00005535.JPG
【2022年12月14日9時42分】 阪堺電気軌道上町線・天王寺駅前電停

フライト中は雲が多くて、そして、着陸直前、眼下に見えてきた大阪の街もどんよりと暗い感じだったが、新大阪ゆきのリムジンバスを待っているうちに青空に。でも、空は澄み切っていたものの風が強くて、カメラを持って歩き回るには辛い1日になった。

続きを読む 

nice!(4)