So-net無料ブログ作成

初・もうひとつの只見線へ!! でも雨。(1)朝の乗り継ぎ旅 [鉄分の濃い旅行記録]

昨秋以来、<変態鉄>がハマっているのは「只見線」。
会津若松から新潟県の小出まで135 kmの長大ローカル線である。
ただ、只見川にとって進んでいく区間は“絶景路線”としても非常に有名で、
<鉄>だけでなく多くの観光客が訪れる。

でも、冬の積雪はもちろん、自然環境が非常に厳しい路線でもあって。
2011年7月の豪雨で会津川口-只見間の区間が長期運休になっている。

010_DPP_00006203.JPG
【2019年8月27日11時18分】 只見線・小出駅

その新潟側、現在、運転されているのは只見-小出間。最後の(?)、1駅間、
大白川-只見間は県境を挟んだ人口希薄な山間部を長大トンネルで抜けるので
1駅間で20 kmほど距離があって。北海道で無くて、本州では異例中の異例の駅間距離。
でも、その県境手前の大白川駅までは小出の市街地から、線路に並行して走る
路線バスがあった...はずだが、これもしばらく前に廃止されており。

だから、いくら絶景路線と言っても<徒歩鉄>にはアクセスが事実上不可能な路線。
そう、同じ只見線でも旧会津線として開業した区間の方がアクセス面でも
撮影機会でも、“遙かにマシ”なのである。

ということで只見線の新潟側、ずっと避けてきたのだが...

やはり、<変態鉄>を急かしたのは...

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー