SSブログ

2024年GWは、新見へ、堺へ(32)この日、最後は帝塚山3丁目

ココ最近、<鉄>の世界では衝撃的なニュースが続いており。鳥塚さんが大井川鉄道の社長に招聘(?)されたのも意外だったが、<変態鉄>にとって(分かっては居たが)ショックだったのは、ひたちなか海浜鉄道のキハ205号車の引退。

045_msi00001495.JPG
【2021年6月17日14時07分】 ひたちなか海浜鉄道湊線・那珂湊駅

今秋以降、新造車が投入されるとかされないとか。
むしろ、小湊鐵道が異例中の異例なのであって、いまも、DMH17系エンジンを維持しているということが奇跡と言えることなのである。
小湊鐵道、水島臨海鉄道、どちらにも、「キハ205号車」が居て。そして、那珂湊駅の見えやすい場所で、いつも佇んでいたのが、ひたちなか海浜鉄道の「キハ205号車」だった。

現役引退は時の流れで、仕方ないこと。むしろ、この置換えに続いて海浜公園方面の延伸の実現が見えてきているわけで。ひたちなか海浜鉄道にとっては、旧型キハの引退...というのは、前向きな1歩でもあるということは<変態鉄>でも重々承知の上。

何とか、どこかで良い形で保存されてほしいと願っている。

そして、そんなキハより、さらに30年近く“先輩”にあたるのが、阪堺電車のモ161形車。
5月の大型連休、自分にとって2日目となった5月4日の撮影は、この上なく絶好調、最後、「赤・あびこ道」表示の姿も、何とかいい感じで...

続きを読む 

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3