So-net無料ブログ作成

暑くて熱い、8月の「ことでんレトロ」(4)そして、志度線。 [ことでん旧型たち [高松琴平電鉄]]

本当は今週末、“青春18きっぷ”を使い切るべく“出撃”を予定していた。
週末、東日本は広く晴れて暑くはなるものの撮影には...というところで
楽しみにしていたのだった。

にもかかわらず...

土曜は会社に行くことになって。う~ん。

42_DPP_00006104.JPG
【2019年8月10日15時58分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘-岡本(後追い)

何としても“出撃”すべく、現在、日程を調整中。
その目的地、まさかの...かも知れない。

さて、8月10日の「ことでん」の話題。レトロ電車の貸切運行に遭遇して。
でも、そんな貴重なチャンスを...
……  ……

2019年8月10日(土)晴れ

<撮り鉄>というのは、もちろん基本的に屋外で行うもの。晴れた午後、光の回り方は
刻一刻と変化していく。その中で、列車の通過時刻に合わせて最適な場所で撮影
するのが理想。でも、こういう貸切列車はダイヤが分からず。

ある程度の予想は付くのだが、特に琴平線は日中は完全にパターン化ダイヤ。
上下列車の交換可能な駅を考えれば、ある程度、ダイヤのパターンは分かるが、
30分毎のサイクルのため、その貸切列車の“スジ”は今度なのか、30分後か、
はたまた1時間後なのか...

38_DPP_00006102.JPG
【2019年8月10日15時32分】 高松琴平電鉄琴平線・岡本-挿頭丘

堀割区間に位置する挿頭丘駅。
そこで撮っていると、特に夕方は...、光がだんだん届かなくなってきて。
まさに“つるべ落とし”のような感じだろうか。光の具合は刻一刻と変化する。

15時半の時点で「レトロ」は戻ってこず。
しかも、定期電車で試し撮りしても、明らかに堀割の下まで光は届かない時間帯に
なり始めて。

いや、<徒歩鉄>だから...は、言い訳にならない。

08_DPP_00000244.JPG
【2016年12月18日11時07分】 高松琴平電鉄琴平線・畑田-挿頭丘

駅の向かい側の道を3~5分ほど歩けば、畑田側の田園地帯に出られるのである。
この時間帯、踏切の向こう側に立てば後追いながら順光で撮れるはずで。

なぜ、光の回らなくなった陸橋の上に立ち続けたのか...自分でも分からない。

そして...

パターンダイヤからして、あらぬ時刻にホームの接近放送が流れて。

41_DPP_00006103.JPG
【2019年8月10日15時58分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘-岡本(後追い)

貸切だから駅での客扱いはないわけだが、それでもいったん停車。
すぐに発車して、<変態鉄>の待つ陸橋の下を...

「ダメっ!!」、ファインダーを覗きながら“撃沈”を確信していた自分。
そう、堀割の法面の木々、その影が電車にまで落ちるようになっていた。
このポイント、8月ならスッキリ撮れるのは14時台までだろうか。

42_DPP_00006104.JPG
【2019年8月10日15時58分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘-岡本(後追い)

連写していた中から、23号車の顔に木の影が落ちていないカットをトリミングで
“救出”して。

それにしても、折角の大事なチャンスを...、こういうチャンスをモノにできないのが
<変態鉄>の<変態鉄>らしさである。それは趣味活動でも他の場面でも...
そういう人間なのである。嗚呼。

35_DPP_00006105.JPG
【2019年8月10日16時07分】 高松琴平電鉄琴平線・挿頭丘駅

こうなると足取りも重くなるもので。

駅のホームにあるジュースの自販機。冷たいのを1本、その場で飲み干して。
後続の高松築港ゆきに乗り込んだのだった。

43_DPP_00006106.JPG
【2019年8月10日16時42分】 高松琴平電鉄長尾線・瓦町-片原町

そして、たどり着いたのは17時前の片原町。この直前、栗林の近くですれ違った
琴電琴平ゆきが「還暦の赤い電車」だったが、それが築港まで戻ってくるのは
約2時間後。走行写真は無理である。

というわけで、片原町駅のすぐ隣、商店街の踏切で撮ったのは自分が乗ってきた
琴平線電車に続行する形でやって来た、長尾線からの高松築港ゆき。

アーケードの商店街をまっすぐ歩けば...

44_DPP_00006107.JPG
【2019年8月10日17時15分】 高松琴平電鉄琴平線・高松築港駅

近くにある、自分がよく行くうどん屋さんに立ち寄って。

やって来たのは高松築港駅である。

45_DPP_00006108.JPG
【2019年8月10日17時16分】 高松琴平電鉄長尾線・高松築港駅

今度の発車は長尾ゆき。それに乗って...

かなり久々なのだが、瓦町駅で長い連絡コンコースを通って...

s15_DPP_00006009.JPG
【2019年8月10日17時26分】 高松琴平電鉄志度線・瓦町駅

もう1つの瓦町駅。道路を挟んで反対側は志度線の瓦町駅である。

「車体に何か描いてある」と思えば、ぬぁんと...
“ことちゃん源平号”編成である。17時半の志度線電車、大半の席が埋まるくらいの
混雑で発車である。

46_DPP_00006109.JPG
【2019年8月10日17時36分】 高松琴平電鉄志度線・瓦町駅

降り立ったのは「春日川駅」。屋島にも近く、駅は埋め立て地だろうか、海沿い
だと感じられるようなロケーション。細い路地を抜ければ春日川の堤防に出て。

47_DPP_00006110.JPG
【2019年8月10日17時40分】 高松琴平電鉄志度線・春日川-潟元

琴電志度線の春日川橋梁、ロケーションは悪くないのだが下路式で...
電車の下半分が隠れてしまうので、<変態鉄>としては撮らない構図。

ちなみに、ここから1 kmほど上流にJR高徳線にも春日川鉄橋がある。
堤防上を少し歩けば志度街道のこの川に架かる橋に出る。それを渡ったところが
今回のホテル。

48_DPP_00006010.JPG

別に珍しくない...というか、大手チェーンのビジホである。

でも、ぬぁんと...

着いてから知ったのだが、2018年にオープンしたのだとか。
館内もキレイで大浴場もあって。1泊だけというのが勿体ないような。
やはり、ホテルがキレイな部屋だと、その“出撃”全体の印象...というか、
良い思い出になる訳で。2021年の「レトロお別れ運転」(← あるのか!?)まで
次回も「ことでん」撮影はここに泊まろうかと検討中。

ファミレス...ではないが、ロードサイド店で夕食をとったら早めに眠るのだった。
さぁ、11日は、いよいよ「レトロ電車特別運行」の日。(つづく)

(※)撮影時刻は写真データのものです。したがって、実際の時刻とは多少前後します。

あなたの「ポチッ!」こそが、励みになります。あっ、あと、「nice!」も。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 13

コメント 2

Cedar

春日川鉄橋、今は撮影できないんですね。昔の記憶で行ったらあちゃーでした。
by Cedar (2019-08-24 16:37) 

ferrum_queserasera

Cedarさん

コメントありがとうございます。
自分が知るようになってからだけでも、ことでんの沿線というのは
どんどん変化していく感じがします。
琴平線ですが、三条-太田間の複線化もほぼ形が見えつつありますし、車輌だけでなく線路の周辺も変わりつつありますので...
仏生山に残る木製架線柱なども、早い内に観察しておきたいのですが...

by ferrum_queserasera (2019-08-24 23:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。